仕事を1ヶ月で辞める!?そんなにすぐに辞めて大丈夫なのか?

「仕事を一ヶ月で辞めたい!」とお考えの方へ。仕事をすぐに辞めても次の仕事を見つけるための方法をご紹介

仕事を1ヶ月で辞める!?そんなにすぐに辞めて大丈夫なのか?

 

  • 入社してまだ1ヶ月だけど仕事辞めたい!
     
  • でもそんなにすぐに辞めて転職できるのかな?

 

そう考えている入社間もない新人の方は多いかもしれません。

 

入社した会社が、当初のイメージ通りの会社であればいいのですが…。

最近は当たり前のように求人票に嘘を書いている会社が多いですからね。

  • 「こんなはずじゃなかった」
  • 「話が違う」

というような理不尽な状況になっている方も多いかもしれません。

 

実は私も、最初に新卒で入った会社をすぐに辞めているんです。

すぐにといっても1ヵ月ではありませんが、ダラダラ続けてしまい今では後悔しています…。

このサイトでは、そんな当時の私のような人を増やさない為に作ったという経緯があります。

 

しかし、たった入社1ヶ月で辞めてしまって大丈夫なのか?とあなたは不安に思っているでしょう。

このサイトでは入社1ヶ月で辞めたくなっている人へ、その後の転職活動のアドバイスをいたします。

 

中途半端に続けるなら今やめたほうがいい

実は私も、新卒で入った会社を半年で辞めたことがあります。

今になって思えば、「もっと早くやめておけばよかった」と思いますね…。

 

なぜなら、中途半端な期間続けてしまうと履歴書に書かなくてはいけなくなってしまい、その職歴は不利にしかならないからです。

試用期間中、具体的には3ヶ月以内などの短期離職であれば、履歴書に書く必要はありません。

というか、厳密には書かなくてはいけないのでしょうが、馬鹿正直に書いている人はかなり少ないですよ。

社会保険に入っていた場合はバレる可能性がありますが、最近はバイトでも社会保険に入れる職場が増えて来てますので「1ヵ月だけバイトしてた」とか言えばそれで済みます。

職歴を証明できるものは、社会保険の履歴ぐらいしかありませんのでバレにくいです。

 

既に「この会社では長くは続かないだろうな」ということがわかっているのであれば、今のうちに辞めて他に行ったほうがいいかもしれません。

 

 

企業は、入社前は良いことしか言わない傾向が

頭がいいあなたもう分かっていると思いますが、企業なんて入社前は聞こえのいい事しか言いません。

最近は人手不足の会社も増えてきていますので、この傾向はさらに顕著になってきていますね。

なぜならば、最大限その会社を良く見せなければ優秀な人材など来てくれませんからね。

 

いわば、求職者を騙して入社させようとしている会社が多いのです。

転職経験が豊富な方であれば、企業側の嘘を見抜くこともできるのですが、転職経験があまりなかったり新卒の方ですと簡単に騙されてしまいます。

一昔前は正社員の仕事には大量に応募者が群がっていましたが、今では見る影もありません。

 

企業に行ったアンケートによりますと、約43パーセントの企業が「正社員が不足している」と答えたそうです。

まぁ正社員とはいえ大抵の会社では死ぬほどこき使われますから、ブラックな会社ほど人が集まらなくなってきているのです。

 

優秀なあなたがわずか1ヶ月で会社を辞めたくなっているということは、今の会社はそういう会社なのかもしれません。

信用できない会社が今は増えてきていますからね…。

 

ホワイト企業に入社したいなら転職のプロの力を借りよう

あなたは今の会社に「ブラックな会社に入社しよう」と思って入ったわけではないでしょう。

ですがわずか1ヶ月で今の会社を辞めたがっているということは、残念ながらブラックな会社に入社してしまったということです。

つまりは、入社前にブラックな会社だと見抜けなかったということです。

 

前述したように、最近は人手不足の会社が増えています。

つまりは、一人当たりに多大な仕事押し付けるブラックな会社が増えてきているということです。

 

あなたは今の会社を辞めたらまた仕事を探すと思いますが、ホワイト企業に入社できる自信がありますか?

自信がないのであれば、あなた1人の力でホワイト企業を探し、応募して入社まで行くのはかなり難しいかもしれません。

 

でしたら、転職のプロの力を借りるべきです。

具体的には、転職エージェントのサービスを利用すべきです。

 

ホワイト企業は、できるだけ無駄な労力をかけずに望む人材を手に入れたいと考えています。

ブラック企業がブラック企業たる所以は、無駄な会議や仕事が多く、社員が消耗してどんどん辞めていってしまうからです。

ホワイト企業は、そういった無駄を省き効率的に業務を行っているからこそ、ホワイト企業でいることができるのです。

 

転職エージェントは多くの非公開求人を扱っています。

転職エージェントに登録した人で、企業側にマッチした人材だけ面接をセッティングし、効率的に人材の獲得ができるようになっているのです。

 

転職エージェント求職者を転職させないと1円も入りませんが、入社後すぐに辞められてしまっても返金しなくてはいけない決まりがあります。

なので、無理にブラック企業勧めてくるということはなく、求職者の希望と企業の希望を最大限可能な限りマッチさせることができるのです。

 

一般的な手段で仕事を探してもいいのですが、そうするとまた今のあなたのように1ヵ月で仕事を辞めたくなってしまうかもしれません。

「1ヵ月どころか、一生この会社で働き続けたい!」そんなホワイト企業を見つけたいのであれば、転職エージェント利用は必須です。

目安としては、非公開求人の件数が多いエージェントの方が、ホワイト企業が多い傾向にあります。

 

こちらが、私が以前に転職した際にお世話になったエージェントです。

非公開求人の数が業界トップレベルで多いので、あなたも見たことがあるかもしれませんね。

 

 

⇒転職成功の秘訣は、サイトに公開されない求人にあった。

 

エージェントの力を使って、一刻も早くホワイト企業への転職を成功させてください。

 

 

若い時の失敗はいくらでも挽回ができる

まさかわずか1ヵ月で入社した会社を辞めたいという事態に陥るとは、あなたは選択を失敗してしまったと考えているかもしれません。

が、失敗してしまったという事は、あなたがチャレンジした証拠です。

チャレンジしなければ失敗はできないわけですからね。

 

残念ですが、1ヵ月で入社した会社を辞めるというのは確かに失敗なのかもしれません。

ですが、若い時の失敗ならばいくらでも挽回ができます。

 

むしろ失敗を失敗と認めずに、ズルズルいってしまう人の方が後で深手を負います。

例えば、今のあなたと同じ状況だったとしたら、「最低3年は頑張ろう」と未だに言ってしまう人が多いようですが。

石の上にも3年なんていう言葉は、馬鹿正直に信じる必要はありません。

 

日本の会社の年齢差別はとてもひどく、年をとればとるほど転職が不利になってしまいます。

逆に若ければ、1ヵ月で会社を辞めたような失敗をしたとしても、「若いんだからなんとかなる」というふうに大目に見てもらえるのです。

 

逆にこれを失敗と考えず、ズルズル3年働いてしまったらどうでしょうか?

その時は転職が不利になってしまっているでしょうし、順調に行っている友人はさらに成功し、あなたの親は年老いて介護が必要になっているかもしれません。

なんにでも言えますが、やるなら早い方がいいです。

 

今の会社に入社したのは失敗だと認識して、わずか1ヶ月で辞めると言い出すのは勇気がいるかもしれません。

ですがそういった行動を起こせた人だけ、先に進むことができるのです。

 

⇒転職サイトに掲載されていない【非公開求人】の紹介を受ける方法は?